妊娠 便秘 ツボ

妊娠の便秘に効果のあるツボ

妊娠の便秘で悩む時に害のない安全な解消法の一つとしてツボ押しがあります。

 

便秘のツボ

人間の体には約360ほどのツボがあるといわれていますが、ツボは内臓の不調の部分が、皮膚の表面に反応として敏感に出てきたものであるといわれています。

 

ですから、ツボを刺激することで内臓の悪い部分、便秘であれば腸への働きかけが可能になり、その結果として便秘が解消されるというワケです。

 

手や足のツボを押すことは自分でも自宅で行なえますから、リラックスした状態で試してみて下さい。

 

なかなか効果が感じられない場合もあるかもしれませんが、続けることで少しずつ改善に向かうと思います。

 

食事や体操など他の便秘にいい方法とあわせて行なってみましょう。

 

便秘に効果のあるツボとして知られているのは以下のようなものがあります。

 

便秘に効く手のツボ

 

@合谷(ごうこく)

 

親指と人差し指の付け根の骨が交わるところの内側にあります。もう片方の手ではさんで軽くもんだり、ちょっと痛みを感じるぐらいの強さで押したりします。

 

A神門(しんもん)

 

手のひらを自分にむけたときに、手首の関節部分の小指側にある骨と筋の間のくぼみの部分のあたりにあります。もう片方の手の親指で押してみます。

 

 

便秘に効く足のツボ

 

@三陰交(さんいんこう)

 

足の内側のくるぶしの骨から指の幅で4本分くらい上の位置で、すねの骨の後ろのくぼみあたりの部分です。親指を使ってマッサージして下さい。

 

A足三里(あしさんり)

 

ひざから指の幅で4本分くらい下の位置で、すねの外側にあるふくらみのへりの部分になります。親指や中指で、揉みほぐすような感じてマッサージします。

 

便秘に効く背中のツボ

 

@便秘点

 

その名も「便秘点」ですから、効きそうです。背中のろっ骨のいちばん下から指幅で2本分下の位置で、背骨から指幅4本分外側の部分です。刺激の仕方ですが、通常はツボを刺激しながら上体を左右にひねる動作を行ないますが、妊婦さんの場合は両手の親指でかるく押す程度にとどめておいたほうがよいでしょう。

 

妊婦さん全員におすすめしたい!お腹にやさしい便秘対策こちら