妊娠 免疫

妊娠で免疫が低下するのは赤ちゃんのため

免疫力とは、さまざまな細菌や害になるものから体を守ろうとする力のことです。

 

ですから免疫力が強いほど、感染症などの病気にかかりにくくなりますし、病気になったとしても回復が早くなります。

 

ところが妊娠中でも母親の免疫力が強いままだと、母親の体がお腹の赤ちゃんを排除すべきものとみなしてしまう可能性があります。

 

胎児は母親のお腹に入ってはいても、染色体や遺伝子の半分は父親のものですから、母親と完全に同じ性質のものではありえません。

 

そのような状態で母親の免疫力が強いと、胎児を排除すべき異物として攻撃し、流産や早産の危険が高くなります。

 

そのために妊娠の時は免疫、特に細胞性免疫と呼ばれるシステムの機能が低下するような体のしくみになっているのです。

 

でも、極度に免疫力が低下すると今度は別の弊害が生じます。

 

風邪菌やウイルスと戦う力が弱くなり、風邪などを引きやすくなるのです。

 

実際に妊婦はインフルエンザウイルスに感染しやすい「ハイリスクグループ」に定められています。

 

また上の子が幼稚園や保育園に通っている場合には、子供の病気に感染する可能性もあります。

 

そのような感染症の中には、やはり流産につながるような重い症状のものがありますので注意が必要です。

 

妊娠の免疫

ですから、妊娠中は免疫力が低下することを理解したうえで、感染症などにかかりやすい環境をできるだけ避けることが大切です。

 

また自然に免疫が低下するのは赤ちゃんのためにも必要ですが、それ以外で極端に免疫を低下させるような原因を避けることが大事です。

 

特に便秘が続くと免疫機能の集中している腸の働きが弱ってしまいます。

 

そのような時は便秘を改善することで、極端に低下した免疫力をアップさせることが必要です。

 

妊婦さん全員におすすめしたい!お腹にやさしい便秘対策こちら