妊娠の便秘と胎児

妊娠中の便秘は生まれてくる赤ちゃんにも影響があるの?

妊娠中に便秘が続いたとしても、そのことが直接的に胎児の健康に大きなダメージを与えることはないようです。

 

ただ、それはお腹にいる間の話であり、ママの便秘が出生後の赤ちゃんに与える影響については見逃せないところがあります。

 

というのも、ママのお腹に棲む腸内細菌の多くが、出産と同時に赤ちゃんにも受け継がれるといわれているからです。

 

胎児

おなかにいる時の赤ちゃんは、まだ無菌ルームにいるようなものです。

 

もちろん細菌などとは全く無縁の状態で成長していきます。

 

ところが、出産時になると赤ちゃんの体は一気に細菌を浴びるようになります。

 

自然分娩の場合には、胎児はママの産道を通りながら、そこに存在する細菌を口から取り込んでいくのです。

 

実は、このときにママの産道に棲息している細菌は、腸内細菌と類似しており、それがそのまま赤ちゃんの腸内環境を形成する可能性が高いようです。

 

また出産時にママが出す便にも、多くの腸内細菌が含まれており、赤ちゃんはそこからも菌を取り込みます。

 

結果的に、生まれてくる赤ちゃんは出産時のママの腸内環境を引き継いでいる可能性が高いということです。

 

このことを示す研究がフィンランドで行なわれましたが、90組のママと生後3ヶ月の赤ちゃんの便を調べた結果、75%の親子で共通のビフィズス菌をもっていることが判明しました。

 

100%ではありませんが、かなりの程度ママの腸内環境が出生後の赤ちゃんに対して影響を与えていることが分かります。

悪い腸内環境が受け継がれるとどうなる?

便秘が続いている時の妊婦さんの腸内環境はとても悪い状態です。

 

腸内細菌には、健康に有益な善玉菌と健康に有害な悪玉菌とが存在することはご存知かもしれません。

 

便秘が続くほどに悪玉菌が優勢になり、これは腸の内容物を腐敗発酵させて、発ガン物質を発生させることで知られています。

 

ママにとっては、肌荒れや冷え、疲労やむくみ、肩こりや腰痛などの原因ともなります。

 

その悪い腸内環境がそのまま赤ちゃんに引き継がれると、出生後の赤ちゃんは便秘や下痢になりやすくなったり、免疫力の低下につながることがあるそうです。

 

これはYahoo知恵袋などで調べていただくと分かりますが、赤ちゃんの便秘で夜も眠れないほど深刻に悩んでいるママさんたちはとても多く、便秘はそれほど親子に心痛を与えるものになります。

 

またアトピー性皮膚炎など子どものアレルギー症状も腸内環境が整っていないことと深い関係があると言われています。

 

生まれてくる赤ちゃんに元気に育ってほしいからこそ、腸内環境が引き継がれる出産時までにはできるだけ便秘を改善し、理想の腸内環境をつくっておきたいですね。

 

妊婦さん全員におすすめしたい!お腹にやさしい便秘対策こちら