妊娠 食事 食べていい物

=スポンサードリンク =


食べていい物をバランスよく

妊娠中には胎児への影響がありますので食べていい物と避けたほうがいいものがありますので、注意して食事をすることが大切です。

 

妊娠中に避けたほうが良い物には、魚介類やカフェイン、生物が挙げられます。魚介類には水銀が多く含まれていることから、厚生労働省からも注意するように促されています。

 

カフェインに関しては精神的な安定やリラックスできるなどの効果を持っていますので、過度の摂取は避け適度に取る分には良いと言えます。

 

生モノに関しては魚介類では水銀の問題がありますし、生肉にはトキソプラズマがあります。ですから生で食べるのは避け加熱加工によって食べることが大切なのです。

 

一方で食べていい物は食べてはいけないものを除くほとんどのものが該当することになります。

 

中でもビタミンを多く含むものや乳製品など、またたんぱく質や葉酸、食物繊維は身体にとって大切な成分ですから、しっかりと摂取することが大切です。

 

それでも基本的にはバランスよく食べることが最も重要になるといえます。

 

また脂質や塩分に関してはどうしても摂り過ぎになることが多いようなので、摂取量を意識した食事が大切だと言えます。

 

妊娠中には食べてはいけない物がある一方で、食べたほうがいい物を選んで食べるというよりは、バランスよくたくさんの栄養成分を摂取することが大切といえます。

 

妊婦さん全員におすすめしたい!お腹にやさしい便秘対策こちら

 

= スポンサードリンク =