妊娠 食事 生もの

=スポンサードリンク =


妊娠中の食事で刺身など生ものはリスクが高い

通常の健康状態のときには、いつでも好きな食べ物を楽しむことができますが、やはり妊娠となると胎児への影響も気になりますので、食事についてもかなり気を使うこととなります。

 

赤ちゃんのためにも、栄養はしっかりバランスよく食べることを心がけたいですが、やはり普段とは違い、控えたほうが良い食品もあるものです。

 

食事で気になることがあれば、事前に医師に相談しておき、アドバイスしてもらうと良いでしょう。

 

まず、刺身などの生ものはノロウイルスや食中毒のリスクもありますのでの控えたい食べ物のひとつです。

 

新鮮なもので、安全に調理したものなら大丈夫というイメージもありますが、妊娠期間中はいつもよる免疫力が落ちていることもあり、ウイルスによる食中毒にかかりやすいとされていますので、気をつけましょう。

 

マグロなどはDHAやEPAといった優れた成分が含まれていることでも知られていますが、メチル水銀をわずかとはいえ、含んでおり、こちらも胎児への影響が気になるので気になる場合はやはり控えておいたほうが良いでしょう。

 

食事では、刺身などは特に気をつけたいですが、よく火を通していない肉なども、O−157やトキソプラズマのリスクがあるとされていますので、こちらも気をつけたいものです。

 

妊婦さん全員におすすめしたい!お腹にやさしい便秘対策こちら

= スポンサードリンク =