妊娠 食事 メニュー

=スポンサードリンク =


妊娠中の食事メニューは計画的に

妊娠中の食事についてどのようなメニューが良いのか、またどれくらいの量を摂取すれば良いのか、とお悩みの方はたくさんいらっしゃるかと思います。

 

人によっては悪阻により全く口にできず激ヤセする方もいますし、逆に食べないと気持ち悪くなるため常に食事を摂ってしまうことになり、医師から告げられている出産までの目標体重を大幅に超えてしまう方もいます。

 

いずれにしても妊婦にとって負担がなく、かつ出産に向けて体力をつけるための正しい食事メニューを考案し日々の暮らしで実践する必要があります。

 

特に妊娠中は味覚や嗜好が変わり極端に甘いもの、塩辛いもの、冷たいものなどを好むようになる傾向が強いのでカロリーバランス、塩分、糖分の調整が重要です。

 

次に量ですが悪阻の強い方にはなるべく匂い強く、消化に悪い食材は使わず、一回の摂取量を普段よりも少なくし、回数を増やす方が良いでしょう。

 

悪阻により排出してしまう分を回数で補うという考え方です。

 

逆に摂取量が多くなっている方には高タンパクでカロリーが高い食材を避け、お腹に溜まりやすい食材を使い、食べるスピードを落とし、ゆっくりと話をしながら食べることで満腹感を得られるようにするのが良いでしょう。

 

妊婦さん全員におすすめしたい!お腹にやさしい便秘対策こちら

= スポンサードリンク =