妊娠中はマグロの寿司は食べれない?

=スポンサードリンク =


妊婦はマグロを避けるべきなのか

妊婦はマグロを食べてはいけないという話を聞かれたことがあるかもしれません。

 

トロ

 

日本人は特にマグロ好きの人が多くて、国民栄養調査でもマグロが他の魚に比べて多く食べられているという結果が出ています。

 

ですから、妊娠中の方の中にもマグロが食べられないと言われると少なからずショックを受ける人もおられるかもしれません。

 

しかし、一方では妊娠中にマグロを食べても大きな害はないからあまり神経質にならなくても良いという意見もあります。

 

では、妊婦がマグロを食べるのは本当に害があるのでしょうか?もし害があるならどこまでが許容範囲なのでしょうか?そして、マグロ以外の魚については大丈夫なのでしょうか?この点を以下にまとめてみました。

 

マグロを食べてはいけないと言われる理由

 

妊娠中にマグロを食べてはいけないと言われるのは、マグロに含有される水銀が胎児の神経の発達に悪影響を与えるとされるからです。

 

どの程度の悪影響が想定されるかというと、厚生労働省の見解によれば「生まれてきた赤ちゃんが音を聞いたときの反応が1/1000秒以下のレベルで遅れる」ようなレベルで神経に問題が生じるとのことです。

 

これだけを聞くとあまり深刻なダメージはないようにもとらえられますが、それでもどんなレベルであれ正常な発達が妨げられるのは事実のようですから心配しますよね。

 

ところでなぜマグロに多くの水銀が存在しているのでしょうか?他の魚はどうなのでしょうか?

 

これには食物連鎖というものが関係しています。

 

川や海には天然の水銀が存在しています。そのままの状態では人間に害とはならないのですが、それらの水銀が微生物の働きによってメチル水銀というものに変化すると、小魚の中に取り込まれるようになっていきます。まだこの段階では魚の水銀の濃度が低いので、人間がそれを食べても影響はありません。

 

しかし、それらの小魚を主食とする大型魚になると、水銀が中にどんどん蓄積され濃縮されていくのです。

 

ですから、マグロだけでなく、サメやカジキなど大型の魚であれば多くのメチル水銀が存在する可能性が高いのです。

 

前述の通り、とりわけ日本人はマグロをよく食べるので、国の機関を通しても妊婦がマグロを食べることに対して公式に注意を呼びかけています。

 

海外ではさらにマグロが危険視されており、妊婦が一切口にしてはいけない魚として指定されている国もあるようです。

 

しかし、日本にはおいては摂取できる量の目安が提示されており、1週間に約80gとされています。これは刺身であれば五切れ程度であり、切り身であれば一切れぐらいの量になります。

 

また同じように注意名の必要な魚として、メカジキ・キンメダイなどは1週間に80g、キダイ・クロムツ・マカジキ・ユメカサゴ・ミナミマグロは約80gを1回として週に2回までが摂取の上限の目安とされています。

 

妊娠中も魚を多く食べたほうが良い理由

 

マグロなどの大型魚については、摂取量を守って食べたほうが安心ですが、だからと言って水銀を怖がって魚を全く食べないというのはかえって良くないようです。

 

魚は良質なタンパク質を多く含んでおり、赤ちゃんの脳の発達に良いとされるDHAやEPAといった成分を含んでいます。

 

魚を週4回以上食べていた母親から生まれた赤ちゃんはそうでない赤ちゃんと比較して、言語能力やコミュニケーション能力が高かったという研究報告もなされています。

 

ですから、水銀濃度が低い魚については積極的に食べたほうが良いのです。近海魚であるサンマ・イワシ・サバ・アジなどはいずれもDHA・EPAを多く含んでいますので、ぜひ食事メニューに含めましょう。

 

尚、マグロを食べ過ぎてしまったのではないかと心配することがあるかもしれませんが、そのような場合はその後に食べる量を減らすなどして調整すれば問題はないとされています。

 

妊婦さん全員におすすめしたい!お腹にやさしい便秘対策こちら

= スポンサードリンク =