妊娠 食事 レシピ

=スポンサードリンク =


妊娠中は大豆を使ったレシピがおすすめ

まず、妊娠中には食事に十分気をつける必要があります。母親が摂取したものがすべてお腹の中の赤ちゃんの栄養となるため、お腹の赤ちゃんの発育を阻害するようなものは極力避ける必要があります。

 

昔から言われているように、飲酒や喫煙は妊娠中はご法度です。カフェインも胎児の発育に影響をあたえるため、出来る限り避ける必要が有ることは言うまでもありません。

 

最近では、水銀の含有量に対する懸念が高まっていることから、生魚や生貝、そしてナマニクは避けたほうが無難であります。

 

では、逆にどのような物を口にすることが母体やお腹の中の胎児に良いとされるのでしょうか。

 

妊娠期間中におすすめなのは、高タンパクで低カロリーな大豆を使った料理です。畑のミルクと言われる豆乳には、母体に良い栄養成分が豊富に含まれています。

 

カロリーコントロールもでき、母体にも胎児にもよい栄養成分を効率的に摂取できる豆乳や大豆を使用したレシピがお勧めです。

 

生クリームはカロリーが高いことから、豆乳に変えてクリーム層すを作り事で、ヘルシーで栄養満点の食事レシピとして大活躍します。

 

豆乳はそのまま飲む場合にも牛乳よりも栄養価が高いとされており、妊婦さんにおすすめの飲み物です。

 

妊婦さん全員におすすめしたい!お腹にやさしい便秘対策こちら

= スポンサードリンク =