妊婦 便秘 グラノーラ

=スポンサードリンク =


グラノーラを食べるときの大事なポイント

妊娠中の便秘予防や対策として、フルーツグラノーラを食べるのはいい方法です。

 

便秘によいシリアル系の食べ物というと、他にオールブランが有名ですが、グラノーラの場合は食べやすいのが特徴です。

 

フルーツグラノーラ

グラノーラには、いろいろなドライフルーツが混ぜ込まれているからです。

 

どちらも食物繊維がたっぷり含まれていますから、自分に向いているほうを朝食などで習慣として食べるとよいでしょう。

 

ただオールブランに関しては、特定保健用食品にも指定されており、1回で一日に必要な食物繊維の70%を摂れるということですから、便秘への効果としては期待できそうです。

 

フルーツグラノーラの食べやすさとオールブランの効果を両方得るために混ぜて食べるというのも一つの方法かもしれません。

 

食べるときの注意点ですが、牛乳やヨーグルトなど水分と一緒に摂ることをオススメします。

 

グラノーラの原料となっているのはオーツ麦などの穀類ですが、穀類は不溶性食物繊維と呼ばれる水に溶けにくい食物繊維の種類なのです。

 

そのため、水分をとらずにたくさんの量を食べると、便が詰まりやすくなりも逆に便秘を悪化させてしまうことも。

 

一方、水に溶けやすい食物繊維は水溶性食物繊維と呼ばれ、海藻やこんにゃくなどが含まれています。

 

こちらは詰まる心配はありませんが、便の元として若干効果が弱いので、両方の食物繊維をバランスよく摂るということが便秘の改善にはよいのです。

 

また、フルーツグラノーラをヨーグルトと一緒に食べると、さらにプラスになることがあります。

 

ヨーグルトに含まれる乳酸菌がお腹の調子を整えて腸の働きを良くするので、このような面からも便秘の予防につながるのです。

 

 

妊婦さん全員におすすめしたい!お腹にやさしい便秘対策こちら

 

= スポンサードリンク =