妊娠 食事 カフェイン

=スポンサードリンク =


ノンカフェインの飲み物などに変えてみる

妊娠をすると、日常生活においていろいろと気を付けなければならないことが出てきます。これは安全に妊娠生活を送るための心得として、少々我慢を強いられますが守っていかなければならないことです。

 

その一つに、食事の管理が挙げられます。

 

実際に妊娠中は食事制限もいろいろでてきますし、必要な栄養素としてたくさん取らなければならないものもあるわけです。

 

まず避けたいものとしては、塩分を多く含むものや香辛料の効いた食べ物などがあります。

 

それから、飲み物でも気をつけなければならない面があります。

 

お腹の赤ちゃんに悪影響となるお酒はもちろんですが、カフェインの入ったものドリンクも極力避けるようにします。

 

コーヒー

カフェインの入ったものといって思いつくのはコーヒ―ですが、これを日頃から飲む人は少しの間我慢して別の飲み物を飲むようにします。

 

ノンカフェインのたんぽぽコーヒーなどは代わりとしていいですね。

 

また、ルイボスティーはノンカフェインであるだけでなく、抗酸化作用もあり、鉄分やカルシウムなどミネラルもたっぷり含まれていますから健康面でもメリットが多いと思います。

 

ほかにも避けたいものはありますが、微量であればそんなに大きな問題はありません。

 

一方、積極的に取りたいものを挙げますと、ビタミンを多く含む食品や乳製品などになります。

 

妊婦は食べなくても困りますが、食べ過ぎも困りもので妊娠中毒症の原因ともなりますので気を付けなければなりません。

 

食事管理は妊娠中の大変なことの一つですが、この期間だけの辛抱ですから、赤ちゃんのためにがんばってみましょう。

 

妊婦さん全員におすすめしたい!お腹にやさしい便秘対策こちら

= スポンサードリンク =