妊娠 便秘 食生活

妊娠中の食生活は便秘対策を十分に

妊婦さんの食生活はおなかの赤ちゃんへの栄養とも関わりがありますから、バランスの良い食事を心がけたいですね。

 

穏やかな表情の妊婦

より多くの栄養が必要とはいえ、太りすぎると問題が生じますから難しいところです。量よりもバランスを考えた食事が大切といえそうです。

 

そして、もうひとつ大切になってくるのは便秘対策です。

 

妊娠中は便秘になりやすい要因が幾つもありますから、妊娠前から便秘がちだった人もそうでない人も食生活の面で一層注意が必要です。

 

便秘に効果のある食材としては、食物繊維を多く含む玄米や海藻類・イモ類・野菜料理など、また乳酸菌を多く含む発酵食品などがあります。

 

こうした食材を食事にやや多めに取り入れるのも一つの方法ですが、栄養バランスを考えながら便秘にもよい食品を取り入れるのは結構大変なことです。

 

続けやすいのは、自分に合う便秘対策食品を見つけて、食事とは別に食べるようにすることです。

 

デザートや飲み物としてなら、食事にも影響しませんし、用意するのも比較的簡単です。

 

フルーツには、食物繊維や便をやわらかくする果糖が含まれていますし、ヨーグルトの乳酸菌は腸の働きを良くする効果があります。

 

またドリンクやデザートに混ぜてもほんのりとした甘さでおいしいオリゴ糖は、おなかのビフィスズ菌を活発にする効果が期待できます。

 

妊娠中は体調が変わりやすく、急に便秘がちになることもありますから、やはり毎日続けていくということが大切です。

 

続けやすくて自分に合う食生活のパターンを探してみてください。

 

 

妊婦さん全員におすすめしたい!おなかにやさしいオリゴ糖こちら

妊娠の便秘と食生活記事一覧

納豆は便秘解消の食材としてよく知られています。まず納豆の原料である大豆は、食物繊維がたくさん含まれていますから、便のもととなり量を増やして出やすくしてくれる働きがあります。また大豆に含まれる大豆オリゴ糖は、腸内に棲む善玉菌の好物で、善玉菌を活発にすることで腸の働きが良くなる効果も期待できます。また納豆は発酵食品でもあり、そこに含まれている納豆菌は整腸作用があるとも言われています。このように納豆は便...

妊娠中の女性はつわりがひどい軽いにかかわらず、食事を受け付けないものです。ある程度お腹が大きくなってくると食事を取りたいと思うものですが、妊娠初期の段階では食べることすらも嫌がる女性もたくさんいます。しかし栄養を取らなければお腹のなかの赤ちゃんも大きくならないですし、なによりもまず母体がもたなくなってしまいます。飲み物だけでも受け付ければ良いのですが、それすらも受け付けられなくなってしまうことがあ...

妊娠中に気をつけたい食べ物で意外に知られていないのがチーズです。「えっ!チーズはダメなの?」と心配されるかもしれませんが、極端に心配する必要はありません。市販のチーズのほとんどは食べても大丈夫なものだからです。ただ一部のチーズについてはリステリア菌というタチの悪い菌による感染症にかかるおそれがあり、母子ともに健康の大きなダメージを与える可能性があります。では、まずリステリア菌による感染症がどのよう...

妊娠している時の食事で、そばは意外とおすすめの食べ物です。なぜ良いかと言いますと、ビタミンB1、B2が豊富に含まれているからです。このビタミンB1は、疲労回復に良いと言われていまして、体力が低下しやすく、イライラしやすい妊婦には、お薦めな食べ物になるのです。ビタミンB2の方は、酵素に働きかける成分で、身体の成長に必要な栄養でもあり、身体の抵抗力を高めてくれます。また、他にもビタミンB6が含まれてま...

妊婦はマグロを食べてはいけないという話を聞かれたことがあるかもしれません。日本人は特にマグロ好きの人が多くて、国民栄養調査でもマグロが他の魚に比べて多く食べられているという結果が出ています。ですから、妊娠中の方の中にもマグロが食べられないと言われると少なからずショックを受ける人もおられるかもしれません。しかし、一方では妊娠中にマグロを食べても大きな害はないからあまり神経質にならなくても良いという意...

妊娠中の便秘予防に役立つ食材といえば、その筆頭は食物繊維を多く含む食材ですね。食物繊維には、便秘だけでなく健康に役立つ幾つもの効果がありますから、妊婦さんは元気な赤ちゃんを産むためにも毎日欠かさずに摂りたいですね。食物繊維の健康効果としては、以下のようなものがあります。(1)消化を助ける(2)腸内環境を理想に近づける(3)便秘解消・予防(4)糖尿病の予防と改善(5)血中コレステロールの上昇を抑える...

さつまいもで妊娠中の便秘を乗り切ったという体験談を語る妊婦さんは少なくありません。さつまいもは昔から便秘改善によい食べ物として広く用いられてきました。ただ注意点がないわけではありません。食物繊維には、水に溶けにくい不溶性食物繊維と逆に溶けやすい水溶性食物繊維とがあります。このうち、さつまいもは不溶性食物繊維を多く含んでおり、それが逆効果になることもあるのです。具体的には、水に溶けにくいために腸で詰...

身近な食材で便秘改善に役立つものといえば、人参があげられます。人参に含まれるβカロテンには様々な健康効果のあることが知られていますが、そのひとつに粘膜を健康に保つという働きがあります。粘膜が丈夫になることで胃や腸の健康を促進しますから、結果的に便秘対策ともなるということなのです。特に人参の場合はβカロテンの含まれる量が緑黄色野菜の中でもトップクラスですから、その効果も高いのです。さらに人参はペクチ...

よく便秘には食物繊維がよいといわれますが、フルーツにも食物繊維は含まれています。野菜がどうも苦手、量を多く食べきれないという方はフルーツで試してみると良いかもしれません。中でもキウイは、水に溶けやすい水溶性食物繊維と溶けにくい不溶性食物繊維の両方を含んだ果物です。この両方の食物繊維をバランスよくとることが便秘解消の鍵だと言われますが、キウイは100gあたり不溶性を1.8g、水溶性を0.7gと他の果...

妊婦がトマトを食べすぎるとよくないという意見がありますが、トマトを食べ過ぎたからといって心配するような悪影響は考えられません。では、なぜ食べてはいけないという説が聞かれるようになったのでしょうか?おそらくトマトに豊富に含まれるβカロテンが原因と思われます。βカロテンは体内でビタミンAに変化することはよく知られていますが、ビタミンAを妊娠中に摂り過ぎると胎児が奇形・先天性障害をもって生まれる可能性が...

便秘解消の食べ物というと、ヨーグルトを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?便秘に悩んでおられる妊婦さんの中にも毎日ヨーグルトを食べているという方は多いと思います。ところで、もしヨーグルトをたくさん食べているのに、なかなか効果を実感できないという場合は、いつも食べているヨーグルトの容器をチェックしてみて下さい。チェックするのは、「プロバイオティクス」という表示があるかどうかという点と、使われて...

妊娠中の便秘予防や対策として、フルーツグラノーラを食べるのはいい方法です。便秘によいシリアル系の食べ物というと、他にオールブランが有名ですが、グラノーラの場合は食べやすいのが特徴です。グラノーラには、いろいろなドライフルーツが混ぜ込まれているからです。どちらも食物繊維がたっぷり含まれていますから、自分に向いているほうを朝食などで習慣として食べるとよいでしょう。ただオールブランに関しては、特定保健用...

妊娠中の便秘を食べ物で予防したり改善するのは、基本中の基本とも言えますが、人によって効くものとそうでもないものがあるようです。ですから、いろいろと試してみるということが必要です。そして、試してみたい食材のひとつにアーモンドがあります。アーモンドなどのナッツ類は驚くほど食物繊維が豊富ということをご存じでしょうか?食物繊維といえば思い浮かぶサツマイモよりも、約5倍も多く食物繊維が含まれているのが、アー...

妊婦さんにおすすめの飲み物の一つに、ココアがあります。ココアには、妊娠中に起きやすい便秘の解消効果があるだけでなく、むくみを解消したり、鉄分も多く含まれていることなど、妊婦さんの健康に役立つ幾つものメリットがあるのです。ところで、妊娠中はカフェインが多く含まれるコーヒーなどはあまり飲まないほうが良いといわれていますね。これはカフェインが胎盤を通して、胎児に影響を与える可能性があるためです。胎児は肝...

普段何気なく食べていた食材でも妊娠中には控えたほうがよかったり、食べ過ぎると害となる食べ物があります。これは妊婦に特有のからだのしくみから免疫力が落ちていたり、また様々な物質が敏感な胎児の発達に影響するためです。では、栄養価が高くヘルシーな豆腐については食べる際にどんな注意が必要でしょうか?気をつけたい豆腐のイソフラボン冷奴豆腐のような大豆製品には、大豆イソフラボンという成分が含まれています。大豆...

妊娠をすると、日常生活においていろいろと気を付けなければならないことが出てきます。これは安全に妊娠生活を送るための心得として、少々我慢を強いられますが守っていかなければならないことです。その一つに、食事の管理が挙げられます。実際に妊娠中は食事制限もいろいろでてきますし、必要な栄養素としてたくさん取らなければならないものもあるわけです。まず避けたいものとしては、塩分を多く含むものや香辛料の効いた食べ...

妊娠中の食事で気をつけるべき食べ物がいくつかありますが、昆布はその一つです。昆布の佃煮や昆布だしの汁物、うどん・そば、めんつゆなどを摂取する機会の多い妊婦さんは摂取量に気をつける必要があります。ヨードの過剰摂取は胎児の健康によくない昆布はヨード(ヨウ素)が他の食材に比較して極端に多く含まれています。実はヨード自体は人間の体に不可欠な栄養素であり、妊娠中であってもそれは変わりません。ヨードが不足する...

妊娠がわかり喜びと不安で満ち溢れている毎日を過ごしている妊婦さんと旦那さんは多いでしょう。そして今までの生活とガラリと変わり戸惑うことも多いでしょう。特に気をつける事が多いのはやはり毎日の食事という人がほとんどでしょう。あれも駄目これも駄目と過敏になりすぎるとそれがストレスになり、胎児にも母体にも悪影響が出てしまうこともあるので、あまり過剰になる必要はありません。しかしいくつか気をつけたほうが食べ...

妊娠中の食事には何かと気を遣うものですが、辛さが胎児に良くない影響があるのでは?と考えて、カレーライスを食べるときに心配になる人もおられるかもしれません。結論から言うと、栄養が偏らない程度であればカレーライスを食べることは全く問題はありません。カレーとスパイスカレーライスにはコーヒーに含まれるカフェインのような胎児に良くないとされる成分は含まれていません。ですから、妊婦さんでも安心して食事に含めて...

まず、妊娠中には食事に十分気をつける必要があります。母親が摂取したものがすべてお腹の中の赤ちゃんの栄養となるため、お腹の赤ちゃんの発育を阻害するようなものは極力避ける必要があります。昔から言われているように、飲酒や喫煙は妊娠中はご法度です。カフェインも胎児の発育に影響をあたえるため、出来る限り避ける必要が有ることは言うまでもありません。最近では、水銀の含有量に対する懸念が高まっていることから、生魚...

通常の健康状態のときには、いつでも好きな食べ物を楽しむことができますが、やはり妊娠となると胎児への影響も気になりますので、食事についてもかなり気を使うこととなります。赤ちゃんのためにも、栄養はしっかりバランスよく食べることを心がけたいですが、やはり普段とは違い、控えたほうが良い食品もあるものです。食事で気になることがあれば、事前に医師に相談しておき、アドバイスしてもらうと良いでしょう。まず、刺身な...

出産後に太った、妊娠して太るという話を聞いて、太らないようにするために食事制限をする方がいます。ですが、このような行為は危険が伴いますので、変にやらない方が良いですし、したとしてもし過ぎないようにして下さい。何故、妊娠している時に太り易いかと言いますと、赤ちゃんに栄養を送るためではなく、動かないからです。お腹が大きくなると運動もできませんので、消費エネルギーが確実に減ります。いつもと同じ食事をして...

妊娠中の食事についてどのようなメニューが良いのか、またどれくらいの量を摂取すれば良いのか、とお悩みの方はたくさんいらっしゃるかと思います。人によっては悪阻により全く口にできず激ヤセする方もいますし、逆に食べないと気持ち悪くなるため常に食事を摂ってしまうことになり、医師から告げられている出産までの目標体重を大幅に超えてしまう方もいます。いずれにしても妊婦にとって負担がなく、かつ出産に向けて体力をつけ...

妊娠初期の妊婦さんの食事では、食べてはいけない物がいくつかあるので注意が必要です。まずカフェインはなるべく摂らないようにしましょう。カフェインには胎児の発達を遅らせたり、中枢神経を覚醒・興奮させたりする作用があるので危険です。またカルシウムや鉄分の身体への吸収も妨げてしまいます。量としては、1日300mgまでは影響がないとされていますので、コーヒーなら1日1〜3杯程度に抑えておきましょう。生肉も控...

妊娠中には胎児への影響がありますので食べていい物と避けたほうがいいものがありますので、注意して食事をすることが大切です。妊娠中に避けたほうが良い物には、魚介類やカフェイン、生物が挙げられます。魚介類には水銀が多く含まれていることから、厚生労働省からも注意するように促されています。カフェインに関しては精神的な安定やリラックスできるなどの効果を持っていますので、過度の摂取は避け適度に取る分には良いと言...