妊娠 便秘 食べ物

妊娠の便秘に効く食べ物の賢い選び方

便秘に効く食べ物といえば、「食物繊維」がまず思い浮かぶのではないでしょうか?

 

確かに食物繊維は便秘を改善するのに有効ですが、食物繊維にもいろいろと種類があり、便秘の症状によってはかえって便秘を悪化させることもあるというをご存知でしょうか?

 

特に知っておくべきなのは、食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があるということです。

 

便秘と食べ物

不溶性食物繊維とは、水に溶けにくい食物繊維のことで、穀類・野菜・豆類などがあります。

 

ゴボウなどがイメージしやすいですが、糸状に長い筋でできており、ザラザラ・ボツボツしているのが特徴です。

 

一方、水溶性食物繊維は水に溶けやすい性質があり、海藻類やこんにゃくや里芋などが含まれます。

 

ネバネバしたものやサラサラした食べ物のイメージです。

 

不溶性食物繊維を多く摂った場合は、その性質から水分も多めに補給しなくてはなりません。

 

しかし、便秘気味の人が食物繊維が必要だからとイモなどの不溶性食物繊維ばかり摂り過ぎて十分な水分が補給できていないと、便がさらに硬くなって症状が悪化することがあるのです。

 

そうなるのを防ぐには、水溶性食物繊維を多めに摂取することです。

 

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の摂取のバランスは1:2が理想といわれています。

 

ですから、便秘にいいからと穀物や豆類ばかりを食べるのではなく、海藻やこんにゃくなど水溶性のものもバランスよく意識して食べるようにしましょう。

 

特に寒天は水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方の性質が合わさっているといわれており、排便量を増加させたり、便を軟らかくするのに効果が高いといわれています。

 

また逆に下痢が続くような場合には、不溶性食物繊維のほうを多めにとるほうが良いようです。

 

さらに水溶性、不溶性、どちらの食物繊維をとるにしても、やはり水分をセットでとるようにしましょう。

 

水分はミネラルウォーターだけでなく、野菜や果物のジュース、スープなどでも大丈夫です。

 

妊婦さん全員におすすめしたい!お腹にやさしい便秘対策こちら