妊娠 便秘 いきむ いきみ 力む

妊娠中にいきむことの心配

妊娠中に便秘になることはよくあることです。

 

妊娠といきみ

でも、便が出にくいときにトイレでいきんでしまってもいいのだろうか、と少し心配になりますね。

 

「胎児が出てきてしまうのではないだろうか」「流産してしまうのでは?」「赤ちゃんが苦しむのでは?」

 

という考えが脳裏に浮かぶかもしれません。

 

医師の意見をまとめると、基本的には排便時に普通にいきむぐらいで流産してしまうということを心配する必要はありません。

 

むしろ便を腸にためておくことのほうが便秘のますますの悪化につながってしまうようですから、少々いきんで出るようであればそのようにしたほうがよいみたいです。

 

ただし、あくまでも加減が大切です。

 

特に妊娠初期においては強くいきみすぎることで流産してしまう人もおられるようです。

 

ですから頑固な便秘や便が硬くてなかなか出ないような時に、無理に強くいきむのは避けたほうがよいようです。

 

強くいきむことが子宮を収縮させる原因となりますし、痔になる可能性も高くなります。

 

尚、いきむときには息を吐きながらのほうがお腹への負担を減らせるようです。

 

また、いきんだからといって破水することはありませんが、血圧を急上昇させる原因となります。

 

少しいきんだぐらいでは出そうにない時は、それ以上の無理はせずに担当の医師に相談して下剤を処方してもらいましょう。

 

妊娠中の便秘は、妊婦の悩みでも上位にくる深刻な悩みです。

 

対応の仕方によっては、早流産につながりますし、痔になるリスクも大きいです。また赤ちゃんへの間接的な影響も心配です。

 

無理にいきまなくてもスムーズなお通じになるよう、日ごろから腸内環境を整えて便秘改善の努力をしましょう。

 

妊婦さん全員におすすめしたい!お腹にやさしい便秘対策こちら