妊娠 便秘 体重増加

=スポンサードリンク =


妊娠の便秘は体重増加を促進する

妊娠中に便秘を経験する妊婦さんは多くおられます。実際のところ、妊娠中の体調の悩みの上位に常に入るのが便秘なのです。

 

妊娠中のイメージ

便秘はスッキリできずにつらいというデメリットもありますが、もうひとつ忘れてならないのは体重増加につながるということです。

 

体重が増加すると病気や様々なトラブルにつながりやすいと言われています。

 

例えば、妊娠高血圧症候群や妊娠性糖尿病、腰痛や静脈瘤、難産などの原因となることがあるようです。ですから、病院の先生からも厳しく体重管理について指導されることもあるようです。

 

これは便がたまるので体重が増えるという単純なしくみではなく、便秘になることで代謝が悪くなるために太りやすくなるのです。

 

代謝が良い状態とは、消化吸収が良くて排泄機能もしっかりと働いている状態です。

 

消化吸収が良いのと、少ない食事量でも効率よくエネルギーに変換できます。

 

一方、便秘になると腸内では悪玉菌と言われる有害な菌が増え、これが栄養の吸収を阻害します。さらには、悪玉菌が増えることで腸の働きも悪くなるので排泄機能にも支障が出ます。

 

その結果、たくさんの量を食べてもなかなかエネルギーに変換できない、栄養が足りてないので満腹感が得られないという状態になってしまいます。

 

そして、エネルギーとして使われるはずの材料が脂肪となって蓄積されていくことになります。

 

ですから、体重管理と便秘対策は一体のものとして、日々取り組んでいくことが大切です。

 

最近体重の増え方が気になるという人は、摂取カロリーに注意することも必要ではありますが、まずは便秘対策を重視してみると効果的と言えるかもしれません。

 

便秘は多くの場合、腸内環境が乱れることから生じますが、逆に腸内環境を整えるには乳酸菌を増やすことが必要です。

 

乳酸菌やビフィズス菌は便秘を改善することで痩せやすい体質をつくるだけでなく、それ自体に内臓脂肪を低減させる効果もあります。

 

妊娠中の体重管理、便秘改善のために毎日乳酸菌を摂取しましょう。

 

尚、ヨーグルトなどの乳製品を摂り過ぎると子どもがアレルギーになりやすいという研究結果もあるようです。

 

乳製品の摂取は適度にとどめて、後はサプリメントやオリゴ糖を上手に活用するとよいでしょう。

 

1粒に20億個以上のカスピ海ヨーグルトの乳酸菌を配合した「善玉菌のチカラ」は妊婦さんにおすすめのサプリです。
↓ ↓ ↓
善玉菌のチカラがお得

= スポンサードリンク =

妊娠の便秘は体重増加しやすい関連ページ

善玉菌と悪玉菌の微妙な関係
おなかの健康と大きな関係がある善玉菌と悪玉菌についての基礎知識を解説しています。それぞれの菌がお腹に与える良いことと悪いこととは?
妊娠中の酸化マグネシウムの使用
妊娠のときの便秘で処方される酸化マグネシウムとはどのようなものか解説しています。
妊娠の便秘でおきる諸症状
妊娠中の便秘によって様々な症状が生じることがあります。妊娠期を健康に過ごし、元気な赤ちゃんを産むためにも事前に知っておき、しっかりと便秘対策しましょう。
便秘薬を使いすぎることの心配
妊娠中ではなくても便秘薬を使いすぎることにはリスクがともないます。どのように薬に依存するようになるのかを解説しています。
妊娠中は発酵食品を多めに
妊娠中のお腹の調子を整えて便秘を予防するためには発酵食品を多く食べると良いようです。
食物繊維はサラダより煮物で
妊娠中の便秘を解消する情報サイト。食物繊維の上手な摂り方について解説しています。ほんの少しの工夫で摂取量をグッと増やせます。
妊娠中の便秘にはプルーンが効く!
便秘になりやすい妊娠中にプルーンを上手に摂取して便秘解消する方法、そして注意点についても掲載しています。
妊娠中の便秘対策が大事な理由
いま便秘がちの方ももちろんのこと、今のところ便秘ではないとしても、十分すぎるぐらい対策をしておいたほうがよいかもしれません。便秘になるとそれ自体が苦しいのですが、さらにトイレでいきむので痔にもなりやすくなります。
妊娠で便秘と下痢を繰り返している時の注意点
妊娠中には便秘がひどくなると下痢になり、それを繰り返すことがあります。便秘や下痢の注意点と対策についてまとめました。
妊娠の便秘と吐き気に対処する
妊娠中の便秘によって吐き気を感じることも少なくありません。吐き気も便秘も抑える食べ方や食べ物とは?
妊娠の便秘によるお腹の張りを見分ける
妊娠中に注意の必要なのがお腹の張りです。便秘によるお腹の張りとそれ以外のものを区別するための大事なポイントは?
妊娠の便秘で出血がある場合の注意点
妊娠中の出血は危険の兆候の場合があります。便秘が続くときの出血の判断の仕方について解説しています。
妊娠六ヶ月の便秘を改善する
妊娠六ヶ月になると特有の理由から便秘も起きやすくなります。妊娠六ヶ月ごろに便秘を乗り切るためのポイントを解説しています。
妊娠の便秘はいつから起きやすい?
妊娠の便秘とラキソベロンの効果
妊娠の便秘にマグラックスはいいの?
妊娠中に便秘の薬が効かない理由
【妊娠中の便秘】コロコロ便の対策