妊娠 便秘 マグラックス

=スポンサードリンク =


マグラックスは安全でもそれだけでは・・・

妊娠中の便秘で処方される薬のひとつにマグラックスがあります。

 

産科にて安心

マグラックスは下剤の中でも、機械性下剤というタイプに属していて、効き目が穏やかなので安心できます。

 

マグラックスは酸化マグネシウムの製品名であり、妊婦さんにもよく使われる薬です。

 

市販の便秘薬の多くは、大腸に刺激を与えて強制的にお通じをもたらすというものですが、マグラックスの場合は腸管内に水分を呼び込むことで、内容物を膨張させたり軟らかくして排出させるというものです。

 

ですから、早・流産につながりかねない子宮の収縮を促進するというような心配もありません。

 

比較的副作用の少ない下剤なのですが、全く心配がないわけではありません。マグネシウムを過剰に摂取すると、下痢や腹痛などにつながることはあるようです。
それでも、基本的に不要な分について尿として排泄されていきますから、適切に使用する分には問題はないでしょう。

 

マグラックスは作用が穏やかなので、効かないという人も多いようです。だからといって、刺激の強い薬に変えるのも心配ですね。

 

マグラックスよりもオススメなのは?

 

一番よいのは、腸の機能を健康的に高めることで自然にスッキリできることではないでしょうか?

 

そのためには、腸内環境から改善していかなくてはなりません。

 

悪玉菌

便秘のときの腸内は、悪玉菌と呼ばれる健康に有害な細菌が増え続けています。これらはアンモニアやスカトール、インドールなどの有害ガスを腸管内に放出し、乳酸菌やビフィズス菌をいじめています。

 

実は、腸の働きは乳酸菌やビフィズス菌の産生する酸に支えられているところがあるのです。

 

ですから、腸のパワーを取り戻すためには、乳酸菌やビフィズス菌を悪玉菌の攻撃から守ってあげなくてはなりません。

 

そのための方法としては、プロバイオティクスとプレバイオティクスという2つの手段があります。

 

プロバイオティクスはヨーグルトや他の発酵食品から乳酸菌を摂取するという方法です。

 

プレバイオティクスは、食物繊維やオリゴ糖を摂取することで、もともと存在している乳酸菌・ビフィズス菌を増やしてあげることです。

 

どちらもメリット・デメリットはありますが、妊婦さんにオススメしたいのはオリゴ糖です。

 

ヨーグルトなどの乳製品はとりすぎると赤ちゃんのアレルギーの原因になるとも言われています。また外部から新しく取り入れる乳酸菌は、定着しにくいという面もあるようです。

 

オリゴ糖ならサプリメント感覚で無理なく続けやすいですし、もともと存在する菌を元気にするのですから、確実さも違います。

 

マグラックスだけでは不十分だと感じるときは、ぜひ試してみて下さい。

 

妊婦さんたち絶賛のオリゴ糖はこちら

= スポンサードリンク =

妊娠の便秘にマグラックスはいいの?関連ページ

善玉菌と悪玉菌の微妙な関係
おなかの健康と大きな関係がある善玉菌と悪玉菌についての基礎知識を解説しています。それぞれの菌がお腹に与える良いことと悪いこととは?
妊娠中の酸化マグネシウムの使用
妊娠のときの便秘で処方される酸化マグネシウムとはどのようなものか解説しています。
妊娠の便秘でおきる諸症状
妊娠中の便秘によって様々な症状が生じることがあります。妊娠期を健康に過ごし、元気な赤ちゃんを産むためにも事前に知っておき、しっかりと便秘対策しましょう。
便秘薬を使いすぎることの心配
妊娠中ではなくても便秘薬を使いすぎることにはリスクがともないます。どのように薬に依存するようになるのかを解説しています。
妊娠中は発酵食品を多めに
妊娠中のお腹の調子を整えて便秘を予防するためには発酵食品を多く食べると良いようです。
食物繊維はサラダより煮物で
妊娠中の便秘を解消する情報サイト。食物繊維の上手な摂り方について解説しています。ほんの少しの工夫で摂取量をグッと増やせます。
妊娠中の便秘にはプルーンが効く!
便秘になりやすい妊娠中にプルーンを上手に摂取して便秘解消する方法、そして注意点についても掲載しています。
妊娠中の便秘対策が大事な理由
いま便秘がちの方ももちろんのこと、今のところ便秘ではないとしても、十分すぎるぐらい対策をしておいたほうがよいかもしれません。便秘になるとそれ自体が苦しいのですが、さらにトイレでいきむので痔にもなりやすくなります。
妊娠で便秘と下痢を繰り返している時の注意点
妊娠中には便秘がひどくなると下痢になり、それを繰り返すことがあります。便秘や下痢の注意点と対策についてまとめました。
妊娠の便秘と吐き気に対処する
妊娠中の便秘によって吐き気を感じることも少なくありません。吐き気も便秘も抑える食べ方や食べ物とは?
妊娠の便秘によるお腹の張りを見分ける
妊娠中に注意の必要なのがお腹の張りです。便秘によるお腹の張りとそれ以外のものを区別するための大事なポイントは?
妊娠の便秘で出血がある場合の注意点
妊娠中の出血は危険の兆候の場合があります。便秘が続くときの出血の判断の仕方について解説しています。
妊娠の便秘は体重増加しやすい
妊娠中の便秘は体重管理の点でもあまり好ましくありません。便秘が体重増加につながるのはなぜ?どんな対策が必要?
妊娠六ヶ月の便秘を改善する
妊娠六ヶ月になると特有の理由から便秘も起きやすくなります。妊娠六ヶ月ごろに便秘を乗り切るためのポイントを解説しています。
妊娠の便秘はいつから起きやすい?
妊娠の便秘とラキソベロンの効果
妊娠中に便秘の薬が効かない理由
【妊娠中の便秘】コロコロ便の対策