妊娠 六ヶ月 便秘

=スポンサードリンク =


妊娠六ヶ月ごろの便秘の原因とは

妊娠六ヶ月は中期に特有の体調の変化を経験します。

 

妊娠すると起きやすい便秘も、子宮が胎児の成長と共に大きくなっていきますから、ますます起きやすくなります。

 

リラックスした妊婦

子宮の拡大が腸を圧迫して働きを悪くしてしまうのです。

 

このため妊娠初期にはあまり便秘に悩まされなかった人でも、六ヶ月ごろから便秘がちになってきたということがあります。

 

しかし、便秘の対策自体は妊娠段階のどこであろうと基本は同じです。

 

腸にもっともよい刺激を与えるのは食事なので、まずは栄養バランスのよい食事で改善に取り組みましょう。食物繊維と発酵食品は腸の働きを活発にするのに役立ちます。

 

また十分な睡眠と適度な運動は欠かせません。これらは便秘の原因となるストレスの解消にも役立ちますし、自律神経のバランスを整えて排便リズムをつくることにもつながります。

 

さら体を動かすことで血流が良くなり、腸の働きも良くなります。

 

妊娠六ヶ月ごろの便秘対策は、とにかく子宮の拡大によって腸が受ける圧力以上に腸を元気にさせることです。

 

そのカギとなるのが食事・睡眠・運動という毎日の習慣です。

 

でも、どうしてもつらいときは我慢しすぎずに病院で効き目の穏やかな薬を出してもらいましょう。

 

また、腸を活発にする上でビフィズス菌を元気にすることは大きな効果があります。ビフィズス菌の出す乳酸や酢酸が腸内環境を良好にし、蠕動運動を促進してくれるのです。

 

ビフィズス菌の大好物のオリゴ糖をたくさん摂取して、妊娠六ヶ月の便秘を乗り切りましょう。

 

 

妊婦さん全員におすすめしたい!お腹にやさしい便秘対策こちら

= スポンサードリンク =

妊娠六ヶ月の便秘を改善する関連ページ

善玉菌と悪玉菌の微妙な関係
おなかの健康と大きな関係がある善玉菌と悪玉菌についての基礎知識を解説しています。それぞれの菌がお腹に与える良いことと悪いこととは?
妊娠中の酸化マグネシウムの使用
妊娠のときの便秘で処方される酸化マグネシウムとはどのようなものか解説しています。
妊娠の便秘でおきる諸症状
妊娠中の便秘によって様々な症状が生じることがあります。妊娠期を健康に過ごし、元気な赤ちゃんを産むためにも事前に知っておき、しっかりと便秘対策しましょう。
便秘薬を使いすぎることの心配
妊娠中ではなくても便秘薬を使いすぎることにはリスクがともないます。どのように薬に依存するようになるのかを解説しています。
妊娠中は発酵食品を多めに
妊娠中のお腹の調子を整えて便秘を予防するためには発酵食品を多く食べると良いようです。
食物繊維はサラダより煮物で
妊娠中の便秘を解消する情報サイト。食物繊維の上手な摂り方について解説しています。ほんの少しの工夫で摂取量をグッと増やせます。
妊娠中の便秘にはプルーンが効く!
便秘になりやすい妊娠中にプルーンを上手に摂取して便秘解消する方法、そして注意点についても掲載しています。
妊娠中の便秘対策が大事な理由
いま便秘がちの方ももちろんのこと、今のところ便秘ではないとしても、十分すぎるぐらい対策をしておいたほうがよいかもしれません。便秘になるとそれ自体が苦しいのですが、さらにトイレでいきむので痔にもなりやすくなります。
妊娠で便秘と下痢を繰り返している時の注意点
妊娠中には便秘がひどくなると下痢になり、それを繰り返すことがあります。便秘や下痢の注意点と対策についてまとめました。
妊娠の便秘と吐き気に対処する
妊娠中の便秘によって吐き気を感じることも少なくありません。吐き気も便秘も抑える食べ方や食べ物とは?
妊娠の便秘によるお腹の張りを見分ける
妊娠中に注意の必要なのがお腹の張りです。便秘によるお腹の張りとそれ以外のものを区別するための大事なポイントは?
妊娠の便秘で出血がある場合の注意点
妊娠中の出血は危険の兆候の場合があります。便秘が続くときの出血の判断の仕方について解説しています。
妊娠の便秘は体重増加しやすい
妊娠中の便秘は体重管理の点でもあまり好ましくありません。便秘が体重増加につながるのはなぜ?どんな対策が必要?
妊娠の便秘はいつから起きやすい?
妊娠の便秘とラキソベロンの効果
妊娠の便秘にマグラックスはいいの?
妊娠中に便秘の薬が効かない理由
【妊娠中の便秘】コロコロ便の対策