妊婦 オリゴ糖

妊婦さんにオリゴ糖がいい理由

おすすめオリゴ糖の入手先に移動するには以下のバナーをクリック!


 

妊婦さんにとって妊娠中の便秘は深刻な問題ですね。

 

妊娠中の便秘を解消する方法には、いろいろなものがあります。

 

たとえば、便秘薬を使うこともその一つです。

 

また食事や生活習慣に気をつけることも大切です。

 

妊婦とオリゴ糖

でも、どの解消方法が効果があり、どの解消方法が自分に合っているのか、これについては悩むところではないでしょうか?

 

すべてを試したり、続けていくことができればよいかもしれませんが、妊娠中は便秘だけでなく、いろんな課題や体調の変化に対応していかなくてはなりません。

 

そのような中で、便秘にいい習慣として1つだけをおすすめするとすれば、オリゴ糖を毎日とることをおすすめします

 

妊婦さんにオリゴ糖がいい理由その1−効果を実感しやすい−

 

様々なところで「便秘にオリゴ糖がいい」と盛んに言われていますが、いったいオリゴ糖のどこが便秘に効くのでしょうか?

 

それはオリゴ糖がビフィズス菌のエサとなるものだからです。

 

ビフィズス菌は腸内環境を良くする善玉菌の代表です。

 

ですから、ビフィズス菌が腸内に増えて活発になるほど腸の働きは良くなり、妊娠中に便秘で悩むことは少なくなります。

 

でも、ビフィズス菌を増やすのは実は簡単な話ではありません。

 

ビフィズス菌

右のグラフは年齢の変化によって腸内細菌全体に対するビフィズス菌の割合がどのように変わっていくかを示したものです。

 

赤のラインがビフィズス菌を示していますが、出生直後をピークとして割合がドンドン減少していっているのが分かります。

 

ということは私達が普通に生活しているだけでビフィズス菌は日に日に減少していくものだということです。

 

では、ビフィズス菌を体外から摂取すればいいのでは?ということでヨーグルトや様々な健康食品がありますが、その中には腸に届く前に胃酸の働きなどで消化されてしまうものも多くあります。

 

オリゴ糖の強みは、それがビフィズス菌自体ではなく、ビフィズス菌の「エサ」であるということです。

 

しかも人間の消化酵素で消化されない性質をもっているために、分解されることなく腸まで届きます。

 

つまり、確実にビフィズス菌を活発にさせる点がオリゴ糖の高い効果の秘密といえます。

 

 

妊婦さんにオリゴ糖がいい理由その2−自然で安心−

 

オリゴ糖は薬や他の健康食品と比較しても圧倒的に安全です。

 

もともとオリゴ糖はお母さんの母乳に含まれている成分であり、赤ちゃんが摂取しても全然心配のないものです。

 

実際に赤ちゃんが便秘になることはよく起こることであり、その際にオリゴ糖を与えるお母さんたちもとても多くおられます。

 

ですから、まだ生まれていないお腹の赤ちゃんへの影響を考えた時にも、オリゴ糖なら心から安心して試すことができるというわけです。

 

ただし、スーパーなどで売られているシロップ状のオリゴ糖は純度が低く、いろいろなものが混ぜられていますので、できるだけ純度が高く自然に近いものを選ぶことが大切です。

 

 

妊婦さんにオリゴ糖がいい理由その3−続けやすい−

 

妊娠中の便秘は、習慣性のある悩みですから、一度解決すればそれでおしまいというものではありません。

 

でも、毎日毎日食事に気をつけたり、体を動かしたり、規則正しく生活するというのは、特に妊娠中にはとても大変なことだと思います。

 

便秘を解消しようといろいろ取り組むことがかえってストレスになり、便秘が悪化してしまうという残念な結果になるかもしれません。

 

オリゴ糖の場合は、飲み物に混ぜたり、食事に混ぜたり、そのまま舐めたりするだけでいいのですから、毎日無理なく続けることができます

 

ほんのりと甘い味がしますので、食べやすくて、料理にも幅広く利用することができます。

 

妊婦さん全員におすすめしたい!お腹にやさしい便秘対策こちら