妊娠 便秘薬

妊娠中に便秘薬を使っても大丈夫?

妊娠の便秘は本当につらくて苦しいので、すぐにスッキリと楽になれる方法があると助かりますね。

 

便秘薬を使えば、即効性があるのですぐ楽になれます。

 

お腹の赤ちゃんに影響がないだろうか?と心配になりますが、最近は副作用がほとんどなく作用も穏やかな便秘薬があるので、医師に処方してもらったものなら安心して使えるようです。

 

でも市販の便秘薬は妊娠中には使わないようにして下さい。

 

そのような便秘薬の中には子宮の収縮を促進するものがあり、流産や早産の原因となることがあるからです。

 

また病院で処方された便秘薬でも多用することは避けたいところです。

 

胎児

安全性が高いとはいえ、薬である限り自然のものではないからです。

 

母体や赤ちゃんの健康を損なうほどの重大な害はないかもしれませんが、健康にプラスになることはありません。

 

参考記事:便秘解消法−胎児にやさしい方法は?

 

何より便秘薬に頼って排便をしている限りは便秘は改善されませんから、今後も便秘を繰り返す可能性は高くなります。

 

 

便秘薬による母乳への影響も心配です。

 

母乳の質が悪いと、今度は生まれてくる赤ちゃんの便秘にもつながってしまいます。

 

ですから、妊娠中の便秘薬はどうしてもの時だけにとどめておき、なるべく薬に頼らず自然にお通じがくるようにしたいものです。

 

妊娠すると体のしくみからしても便秘になりやすくなりますが、それでも少し気をつけるだけでかなり便秘を減らすことができます。

 

自然に排便できる回数を増やして、なるべく便秘薬を使わずにすむよう努力してみましょう。

 

妊婦さん全員におすすめしたい!お腹にやさしい便秘対策こちら

 

妊婦さんに処方される便秘薬の種類

 

既に述べたように、妊娠中に刺激の強い便秘の薬を使用することはリスクがありますから、病院で処方される薬は多くの場合効き目の穏やかなものです。

 

たとえば、マグラックスまたはマグミットと呼ばれる薬もよく使われます。これは酸化マグネシウムが主な成分となっており、便を軟らかくして出やすくする働きがあります。

 

市販の便秘薬の多くとは異なり、腸に直接刺激を与えて強制的に排便を促すようなものではありませんから、妊娠中でも安心して使用できます。その代わりにあまり効かないと感じる人も多いようです。

 

別の薬としては、ラキソベロンもよく用いられます。

 

ラキソベロンは大腸を刺激することで排便を促す下剤ですが、下剤に多く使われるアントラキノン系の成分ではなく、より刺激の弱いジフェニルメタン系の成分が配合されているため安全だと考えられているようです。

 

いずれにしても便秘の薬だけに頼ることは絶対に避けなければなりません。腸の機能自体が衰えているなら、ずっと下剤を使い続けないと便秘が続きますし、効力も悪くなっていきます。

 

要所要所で一時的に薬を活用しつつ、食事やオリゴ糖、生活リズムを整えることなど腸の機能自体を高めることに焦点を当てていきましょう。

 

妊婦さん全員におすすめしたい!お腹にやさしい便秘対策こちら