妊娠後期 便秘

妊娠後期の便秘の注意点

妊娠後期からひどい便秘になる人はとても多いようです。

 

この時期は特に胎児の成長によって、子宮が大きくなり腸を圧迫するために出にくくなることがあるようです。

 

妊娠後期

お腹の赤ちゃんもかなり大きくなっているため、妊娠後期に便秘になると本当にきつくて苦しい思いをします。

 

食欲不振や吐き気を感じ、一日中そのことばかり考えてしまうほど大変な思いをする人もいます。

 

さらに便秘を原因とした腰痛や頭痛も起きやすくなります。

 

できるだけ市販の下剤や浣腸を使うのは避けますが、我慢しすぎるのではなく病院で便秘薬を処方してもらいましょう。

 

また便意を少しでも感じたら、それにしたがってトイレに直行することも大切です。

 

そして、運動不足によって腹部の筋力が低下したり、硬直したりしていることも妊娠後期の便秘を一層悪化させていますので、ウォーキングなどで適度な運動をできるだけ行なうことが必要です。

 

また筋力を鍛える方法として仰向けになって寝転び、両足を上げ下げするような運動も効果的です。

 

妊娠後期に起きている胎児の成長による腸の圧迫については、四つんばいの姿勢になることで圧迫が軽減するそうです。

 

ですから家の中で四つんばいになってしばらく歩いてみる、というのも便秘改善に役立つかもしれません。

 

これは便秘とは関係ないかもしれませんが、昔から「妊婦には雑巾がけがよい」と言われていますから、四つんばいの姿勢になることは特にお腹の大きくなった妊娠後期にはよいのかもしれません。

 

妊婦さん全員におすすめしたい!お腹にやさしい便秘対策こちら