妊娠 便秘 痔

妊娠の便秘が悪化すると痔になりやすい

妊娠中は便秘になりやすいため、それが原因で痔になることも多いようです。

 

妊娠と痔

また子宮が大きくなり、直腸や肛門の静脈を圧迫することも原因となります。圧迫されたところの血液の循環が悪くなり、うっ血して痔核(いぼ痔)になるのです。

 

さらに出産時には、いきむことでやはり肛門がうっ血して痔になったり妊娠中の痔が悪化したりすることもあります。

 

このように妊娠と痔はかなり深い関係がありますので、妊娠中は痔になる原因を減らすことに取り組みましょう。

 

また既に痔になっているとしても、改善できる見込みはありますし、悪化を防ぐためにも便秘対策をしっかり行ない、痔によくないと思われる生活習慣に注意しましょう。

 

以下のようなことに気をつけると痔になるリスクを減らすことができます。

 

・便秘になりにくい食事や生活習慣を続ける。
・トイレで無理に力まない。
・シャワーやお風呂などでお尻をあたためて血液循環を良くする。
・長時間同じ姿勢でいるのをなるべく避ける。
・トイレを暖かくしておく。
・適度に運動する。

 

でも、どんなに注意していても体質や環境によって痔になってしまうことがあり、これは決して恥ずかしいことでも落ち込むようなことでもありません。

 

妊娠中に痔になったら、病院で治療を受けながら家庭でもできることを行なって、なるべく痛みをやわらげたり悪化を防ぐことに専念しましょう。

 

妊娠中の痔は基本的に手術はしません。手術をするとすれば、出産後まで待つことが多いようです。

 

ですから病院では基本的に塗り薬や座薬で治療することが多いようです。

 

これらの薬の使用は胎児への影響も考えられますから、必ず医師の指示にしたがって使用してください。

 

市販の塗り薬などを自分の判断で使用するのは避けたほうがよいでしょう。

 

家庭でできることとしては、お尻をいつも清潔にしておくことです。

 

お風呂やシャワーできれいにするのはもちろんのこと、排便のたびにウォッシュレットやウェットティッシュなどで清潔な状態を保つことが大切です。

 

妊婦さん全員におすすめしたい!お腹にやさしい便秘対策こちら