妊娠 便秘 腹痛

妊娠中の腹痛は便秘以外にも心配が

妊娠中に腹痛が起きるのには様々な原因があります。

 

妊婦の腹痛

便秘から腹痛が生じていることも少なくありませんが、妊娠後期になると子宮収縮によるお腹の張りと便秘によるものとの区別が難しいこともあるようです。それで、便秘だと思っていたら切迫早産だったということもありえます。

 

ですから腹痛が起きたときはそれが便秘からきているのか、それともその他の心配な原因がないかどうかをよく見極めることが重要です。

 

便秘による腹痛の特徴としては、キリキリという痛みが生じたり、局所的な痛みを感じるという場合が多いようです。また突然の激痛というよりも鈍痛として感じることが多いでしょう。痛みというよりも張っていると感じることも多いかもしれません。

 

しかし、痛みの感じ方は個人差がありますし、時期によっても異なります。

 

お腹の張りや痛みを感じるときに、やはり心配なのが流産や早産ですが、それ以外にも子宮外妊娠や胎盤剥離などの危険な状態も考えられます。腹痛に出血が伴う場合やいつもと違う痛みを感じるときは、早めに医療機関で受診しましょう。

 

また下腹部の鈍痛は、子宮筋腫や卵巣卵巣のう腫など子宮内のトラブルであることが多いようです。緊急性は高くありませんが、医師の診察を受けましょう。

 

妊娠中の便秘は、緊急性が高いものではありませんが、妊娠初期ではつわりと重なって大変苦しいですし、後期のひどい便秘になると子宮の収縮につながって切迫早産のような症状が起きることがあります。

 

さらに免疫力の低下慢性的な痔につながることもあるので、早めに対処したいトラブルのひとつです。

 

女性は男性に比べて腸が長い傾向があるので、もともと便秘になりやすいと言われますが、さらに妊娠中は女性ホルモンの変化や子宮の拡大によってますます不利になります。

 

ですから、十分するほど対策をしてもやりすぎるということはありません。

 

食物繊維たっぷりの食事や適度に体を動かすことも大切ですが、何より忙しくなっても毎日続けられる方法が最適です。

 

しっかりと便秘対策をしておけば、心配な時の腹痛も早めに判断することができますから、お腹の赤ちゃんのためにも日ごろから心がけていきましょう。

 

腹痛を引き起こしているガスを解消する

 

便秘が腹痛の原因となっている場合は、便だけではなく、ガスが腸内にたまってお腹が張ることで痛みを生じさせていることがあります。

 

ですから、マッサージをしてガスを抜くだけでも痛みが緩和するかもしれません。

 

妊婦さんも行えるガス抜きマッサージ

(1)まず右半身を下にして寝転びます。
(2)左手をおへそのあたりに当てて、そこから手の平でひらがなの「の」を書くようにゆっくりとさすります。
(3)さする時は力はこめずに優しく行い、5分〜10分行ってみます。

 

このマッサージで腸の方向に沿ってガスが移動し、抜けやすくなります。腹痛を感じたときには試してみて下さい。

 

妊娠中の腹痛の中には、危険を知らせるサインとなるものもありますから、それを素早く見定めるためにも便秘による腹痛が減るよう日頃からしっかりと対策していきましょう。

 

簡単に続けられる便秘対策についてはこちらをご参考にして下さい→ 妊婦さん全員におすすめしたい!お腹にやさしい便秘対策こちら